とにかくイフェクサーとジェネリックで迷う私の決断

イフェクサーの効果

日本国内でもかなり一般的な病気として認識されるようになったうつ病。

うつ病は時代共に大きく2種類に分かれてきました。親和性と非提携型とあり、その中でも様々な呼び方のうつ病が存在します。
そうなってくると、それを治すためのの薬も変わってきます。根本的な点は変わらないのですが、どうしても人それぞれ個体差があることから効果がある、効果が感じられないという薬が出てきてしまいます。
そう考えると、抗うつ剤もある程度の種類があれば、幅広くうつに対抗していけるのではないでしょうか。

その中でも、つい最近日本国内でうつ病の治療薬として認可が下りたのがイフェクサーです。

既に海外では1993年から一般的に使われ始めた薬でしたが、やはり個体差、欧米の人の体質、日本人の体質それぞれが違うことから、効果については国内での治療の認可が下りなかったという経緯があります。
ですが、2015年に再度治験が行われたのちに治療作用を確認することができたということで、許可がおりました。

イフェクサーは、ベンラファキシンという成分を使っており、SNRIに分類される薬でもあります。
抗うつ剤の中でも効き目も実感できる上に副作用が少ないとされている薬でもある為、より安心して服用できる薬でもあります。
但し、よくありがちな離脱症状が強く出やすい薬でもあることから、服用中に勝手に止めてしまうと、めまいや頭痛など体の不調が出やすい薬でもあります。その点は医師と相談することで回避することもできるため、自己判断で服用を止めるという事をしなければ、離脱症状も軽く済むことになります。

こういった様々な薬が増えることは、うつを発症している人たちにとっては朗報とも言えます。
特に長く患っている人にとっては、薬を飲んでも何も改善していない様に感じる方もいらっしゃいますし、もう何十年と通い続けているのに完治しないと感じている方も多く見受けられるからです。

どうしてもうつ病は薬だけでは治りづらい病気でもあるかもしれませんが、少しでも薬の力を借りることで、以前のような自分を、普通の人のように過ごせる自分を取り戻すことができたら、それは嬉しいことに越したことがありませんよね。